>

スムーズに申し込むために

会員登録が必要になる場合

事前に会員登録をしなければいけない業者なら、その流れに従ってください。
この時に、パスワードを設定します。
今後自分のプランを見直したり、プランを変更したくなった時はパスワードを入力する必要があります。
パスワードを忘れるとプランの変更などができなくなってしまうので、絶対に忘れないでください。
メモに残しておくのがおすすめですが、他人に知られないよう厳重に管理しましょう。

会員登録では、名前や電話番号、メールアドレスなどを入力します。
電話番号やメールアドレスは、業者から連絡する時に使います。
すぐに確認できるよう、いつも使っている電話番号などを入力しましょう。
何かトラブルがあった時、連絡に気づかないと困ります。

登録しないで申し込める

中には、会員登録をしないで申し込める業者も見られます。
登録が面倒に感じる人は、そちらの業者を利用するといいですね。
ですがその場合はマイページというものがないので、プランの確認がやりにくくなってしまいます。
また別のプランに変更したくなった際は、業者に直接連絡しなければいけません。
会員登録をすればマイページがあるので、そこで変更も簡単にできます。

これから長くレンタルサーバーを使うなら、やっぱりこっちのプランがいいと感じることがあるでしょう。
簡単に変えられるよう、会員登録するシステムの業者を選択した方がいいです。
任意と記載されている項目は、記入しなくても構いません。
必須項目だけは、必ず埋めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る